AR# 41821

Virtex-6 のデザイン アドバイザリ - BitGen オプションの変更により、13.1 では問題が発生しなかったのに 13.2 で生成した BIT ファイルではコンフィギュレーション エラーが発生する

説明

Virtex-6 の BitGen オプション -g Next_Config_Addr のデフォルト値が変更されました。 

13.2 ISE ツールから、このオプションのデフォルト値が 8 桁の 16 進数値から [None] に変更されました。 

13.1 から 13.2 に移行したときにこのデフォルトのコンフィギュレーション オプションを変更しないと、JTAG およびその他のコンフィギュレーション インターフェイスでコンフィギュレーション エラーが発生することがあります。

iMPACT ツールの [Boundary Scan] ウィンドウに「Configuration Failed」と表示され、[Console] パネルに次の情報メッセージが表示されます。

INFO:iMPACT:2218 - Error shows in the status register, release done bit is NOT 1.
INFO:iMPACT:2219 - Status register values:
INFO:iMPACT - 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000

ChipScope Analyzer では DONE が High になりますが、デバイスはコンフィギュレーションされず、エラーは表示されません。

次の情報メッセージがコンソールに表示されます。

COMMAND: configure 1 "path\filename.bit" 0 import_inserter_cdcpath\filename.cdc doAuto
INFO: Found 0 Core Units in the JTAG device Chain.
INFO: If cores were expected to be found, see Answer Record 19337.

ChipScope ツールでコンフィギュレーション ステータスをチェックすると、DONE は High になっていますが、GHIGH は Low になっています。  

これは、コンフィギュレーション データが読み込まれなかったことを示します。 

ステータスは、次のようになります。

Bits [31 ..0]: 0000 0001 1100 0000 0111 1101 0111 1100
Bit 31:0 EFUSE_BUSY
Bit 30:0
Bit 29:0 BAD_PACKET
Bit 28:0 HSWAP_EN
Bit 27:0
Bit 26:0 BUS_WIDTH
Bit 25:0 BUS_WIDTH
Bit 24:1 FS
Bit 23:1 FS
Bit 22:1 FS
Bit 21:0
Bit 20:0 STARTUP_STATE
Bit 19:0 STARTUP_STATE
Bit 18:0 STARTUP_STATE
Bit 17:0 MON_OT_ALARM
Bit 16:0 SEC_VIOLATION
Bit 15:0 ID_ERROR
Bit 14:1 DONE
Bit 13:1 RELEASE_DONE
Bit 12:1 INIT_B
Bit 11:1 INIT_COMPLETE
Bit 10:1 MODE M2
Bit 9:0 MODE M1
Bit 8:1 MODE M0
Bit 7:0 GHIGH_B
Bit 6:1 GWE
Bit 5:1 GTS_CFG_B
Bit 4:1 EOS
Bit 3:1 DCI_MATCH
Bit 2:1 DCM_LOCK
Bit 1:0 PART_SECURED
Bit 0:0 CRC_ERROR

ソリューション

ISE 13.1 の -g next_config_addr のデフォルト設定は 0x00000000 ですが、この値では IPROG コマンドが正しく挿入されなかったため JTAG が動作し、

BitGen で 8 桁の 16 進数値が無視されてしまいます。 

これについては、(ザイリンクス アンサー 43011) に説明されています。

13.2 以降の ISE ツールでは、Virtex-6 -g Next_Config_addr の [Starting Address for Fallback Configuration] のデフォルト値が [None] に設定されています。 

この設定では、IPROG コマンドがビットストリームに挿入されないため、マルチブート イメージのアドレス指定を考慮しなくてもコンフィギュレーションが機能します。

13.2 ISE ツールでは、12.4 または 13.1 の ISE ツールのデフォルト値 0x00000000 または 0 以外のアドレスが指定されていると、IPROG コマンド により BIT ファイルにこれらの設定で挿入されるため、 インターフェイスのコンフィギュレーションでエラーが発生することがあります。

注記 : 既存の Virtex-6 プロジェクトでは、プロパティの値を手動で [None] に設定する必要があります。

Project Navigator で [Generate Programming File] を右クリックして [Process Properties] をクリックし、[Category] で [Configuration Options] を選択します。

既存のデザインに対しては、不正な値 0x00000000 に設定されています。 

これを [None] に変更します。

ほかのプロパティが変更されていない場合は、[Default] ボタンをクリックしても [Starting Address for Fallback Configuration] の値を [None] に設定でき、その他のプロパティもデフォルト値に設定されます。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34565 Virtex-6 FPGA のデザイン アドバイザリのマスター アンサー N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34565 Virtex-6 FPGA のデザイン アドバイザリのマスター アンサー N/A N/A
AR# 41821
日付 10/13/2014
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス 詳細 概略
ツール 詳細 概略
Boards & Kits 詳細 概略