AR# 42131

Virtex-6 FPGA GTH トランシーバー - 不正な属性設定がパフォーマンスに影響する

説明

Virtex-6 FPGA GTH Transceiver Wizard および IBERT で、SLICE_NOISE_CTRL_x 属性が不正な値に設定されます。このアンサーでは、この影響と正しい設定を示します。

ソリューション

IBERT および Virtex-6 FPGA GTH Transceiver Wizard v1.8 では、SLICE_NOISE_CTRL_x 属性が次のように不正な値に設定されます。

SLICE_NOISE_CTRL_0_LANE01 => 5007h
SLICE_NOISE_CTRL_2_LANE01 => EFFFh
SLICE_NOISE_CTRL_2_LANE23 => EFFFh

これらの値を正しい値 (下記参照) にアップデートすると、使用率の高いデザインで RX マージンに潜在的な利点がある場合もありますが、ほとんどのデザインでは影響がありません。ただし、これらの属性を正しい設定にアップデートしておいて問題になることはないので、アップデートしておくことをお勧めします。これは、ISE 13.2 の Virtex-6 GTH Transceiver ウィザードと IBERT でアップデートされています。

SLICE_NOISE_CTRL_0_LANE01 => 0000h
SLICE_NOISE_CTRL_2_LANE01 => 7FFFh
SLICE_NOISE_CTRL_2_LANE23 => 7FFFh

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
38596 Virtex-6 FPGA GTH トランシーバー - 既知の問題およびアンサーのリスト N/A N/A
AR# 42131
日付 08/30/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP