AR# 42485

ボードおよびキット ML561 - DDR2 SDRAM メモリ終端

説明

Virtex-5 FPGA ML561 メモリ インターフェイス開発ボード (UG199) のテーブル 5-3 で、ペアの間の差動終端が 100 オームであるクロック CK/CK# のメモリで終端が使用されると記述されています。

ソリューション

ML561 で終端は実際に使用されますが、CK/CK# は正確には差動ペアではないので、Cypress 社は Vtt への 50 オームのプルアップ終端を使用するように推奨しています。
AR# 42485
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
Boards & Kits