AR# 42559

MIG 7 Series v1.1、v1.2 DDR3 SDRAM - 複数コントローラー デザインで reset_n ピンを異なるバンクに移動すると、ハード ブロック制約が不正に追加される

説明

reset_n ピンをほかのインターフェイス ピンとは異なるバンクに移動したデザインで、検証/アップデートおよび固定ピンアウトの両方を実行すると、reset_n ピンを割り当てたバンクにハード ブロック制約が追加されます。これらの制約は不正であり、インプリメンテーションで配線不可能な状態が発生します。

ソリューション


reset_n ピンには PHASER_CONTROL、OUT_FIFO、PHASER_OUT、および PHASER_REF は不要なので、問題を回避するには次の操作を実行する必要があります。

reset_n がデータおよびアドレス/制御バイト グループの下のバンクに割り当てられている場合 :
  • UCF から追加の制約を削除します。
  • reset_n が割り当てられているバイト グループで BYTE_LANES_B# パラメーターを 0 に設定します。この場合、MIG で reset_n がアドレス/制御バイト グループに割り当てられているピンとして処理され、BYTE_LANES_B# および DATA_CTL_B# がそれに応じて設定されます。

reset_n がデータおよびアドレス/制御バイト グループの上のバンクに割り当てれている場合 :
  • UCF から追加の制約を削除します。
  • reset_n が割り当てられているバイト グループで BYTE_LANES_B# パラメーターを 0 に設定します。
  • すべての BYTE_LANES_B# レーンを次の BYTE_LANES_B# に移動します。たとえば、BYTE_LANES_B1 をすべて BYTE_LANES_B0 にシフトします。すべての *_MAP パラメーターでバンク ロケーションをアップデートする必要もあります。
例 :
ADDR_MAP= 192'h000_000_139_138_137_136_135_134_133_132_131_129_128_127_126_12B,
上記を次のように変更します。
ADDR_MAP= 192'h000_000_039_038_037_036_035_034_033_032_031_029_028_027_026_02B,
コントローラーが 1 つのデザインでは、これらの制約は ISE ソフトウェアにより自動的に削除されるので、影響しません。この問題は、13.3 ソフトウェア リリースで修正される予定であり、ピン配置パラメーターに関する資料も提供される予定です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40050 MIG 7 シリーズ v1.1 - ISE Design Suite 13.1 でのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 42559
日付 05/20/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス 詳細 概略
IP