AR# 42615

7 シリーズ FPGA トランシーバーのデザイン アドバイザリ - ISE 13.2 ソフトウェアでの GTX ポート名の変更

説明

このデザイン アドバイザリでは、ISE 13.2 ソフトウェアでリリースされた 7 シリーズ FPGA トランシーバー モデルとウィザードの GT ポート名の変更について説明します。

ソリューション


ISE 13.2 ソフトウェアでリリースされた 7 Series FPGAs Transceivers Wizard v1.4 およびモデルでポート リストが変更されているため、ISE 13.1 ソフトウェアを使用していた場合は、これらのポート変更を反映させるためインスタンシエーションを変更する必要があります。

ポート名の変更

GTXE2_CHANNEL モジュール :

CPLL_RXOUT_DIV を RXOUT_DIV に変更
CPLL_TXOUT_DIV を TXOUT_DIV に変更

これらの名前の変更は、チャネルに含まれるこれらの出力分周器が QPLL または CPLL のいずれにも使用できることを反映したものです。 この情報は、『7 シリーズ FPGA GTX/GTH トランシーバー ユーザー ガイド』 (UG476) の次のバージョン (v1.2) に追加される予定です。

GTXE2_COMMON モジュール :

BGBYPASS を BGBYPASSB に変更

BGMONITOREN を BGMONITORENB に変更

たとえば、gtwizard_v1_x.v/vhd ファイルで定義されている GTXE2_COMMON モジュールに含まれるこれらのポートは次のように変更されます。

変更前 :
BGBYPASS=> tied_to_ground_i,
BGMONITOREN=> tied_to_ground_i,

変更後 :
BGBYPASSB => tied_to_vcc_i,
BGMONITORENB=> tied_to_vcc_i,

これらの新しいポート名は、ISE 13.2 以降のソフトウェアで使用されます。

プロトコル

これらのポート名の変更による特定のプロトコル IP への影響については、次のアンサーを参照してください。

PCI-Express :(ザイリンクス アンサー 42838)

CPRI :(ザイリンクス アンサー 42626)

OBSAI :(ザイリンクス アンサー 42627)

イーサネット 1000BASE-X PCS/PMA または SGMII :(ザイリンクス アンサー 42672)

XAUI :(ザイリンクス アンサー 42673)

RXAUI :(ザイリンクス アンサー 42674)

10 ギガビット イーサネット PCS/PMA : (ザイリンクス アンサー 42675)

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 42615
日付 08/21/2012
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
ツール
IP