UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 44065

Kintex-7 GTX IBERT - [Silicon Version] ドロップダウン メニューの役割

説明

Kintex-7 GTX IBERT ウィザードの最初のページに [Silicon Version] ドロップダウン メニューがあります。このメニューの役割は何ですか。

ソリューション


エンジニアリング サンプルのシリコンをターゲットにして Kintex-7 GTX IBERT コアを使用するとき、このドロップダウン メニューで正しいバージョンを選択してデザインを生成する必要があります。 エンジニアリング サンプルのシリコンには複数のバージョンがあり、IBERT でデザインを生成するには正しいシリコン バージョンを選択する必要があります。

デバイスのシリコン バージョンを確認するには、(ザイリンクス アンサー 37579) の JTAG IDCODE のセクションを参照してください。デバイスの JTAG IDCODE を読み出す方法が説明されています。以下は JTAG IDCODE の値を基にシリコン バージョンを [Silicon Version] ドロップダウン メニューで選択する手順を説明します。



v13.2 および 13.3 での Kintex-7 GTX IBERT コアの生成 :
  • JTAG IDCODE = 0 の場合「1.0」を選択します。
  • JTAG IDCODE = 1 以上 の場合「1.1」を選択します。

v13.4 での Kintex-7 GTX IBERT コアの生成 :
  • JTAG IDCODE = 2 以下の場合「Initial ES」を選択します。
  • JTAG IDCODE = 3 の場合「General ES」を選択します。
AR# 44065
日付 02/14/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Kintex-7
ツール
  • ChipScope Pro - 13.2
  • ChipScope Pro - 13.3
このページをブックマークに追加