AR# 44113

13.2 EDK、axi_emc - KC705 フラッシュが正しく動作しない

説明

BSB (Base System Builder) デザインを使用すると、KC705 ボードのフラッシュ デバイスにアクセスできません。KC705 ボードのフラッシュの使用方法を教えてください。

ソリューション


13.2 の BSB で作成するデザインでは、次の手順に従ってください。
  1. フラッシュ サイズは 32M ではなく 128M なので、[XPS/Addresses] タブで修正します。
  2. 外部ポート linear_flash_adv_b を追加します。
  3. system.ucf で次を追加 : NET Linear_Flash_adv_n LOC = "M30" | IOSTANDARD = "LVCMOS25";
  4. system.mhs で次を追加 : PORT Linear_Flash_adv_n = net_gnd, DIR = O
  5. system.ucf でフラッシュのデータ バスをビット反転 : D0->D15,... D15->D0
  6. system.ucf でフラッシュのアドレス バスをビット反転 : A0->A25,... A25->A0
  7. MHS から Linear_Flash_invertor を削除して、axi_emc port CE_N をポートに直接接続します。
  8. M0 向けの KC705 の DIP スイッチが Low に設定されていることを確認してください。設定されていない場合、リニア フラッシュがディスエーブルにされます。

この問題は、EDK 13.3 ソフトウェア以降の BSB デザインで修正される予定です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
45934 Kintex-7 FPGA KC705 評価キット - 既知の問題およびリリース ノートのマスター アンサー N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
45934 Kintex-7 FPGA KC705 評価キット - 既知の問題およびリリース ノートのマスター アンサー N/A N/A
AR# 44113
日付 06/13/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
IP