AR# 45345

AutoESL - rewind オプションがパイプライン指示子に適用されるとネストされたループのインプリメンテーションが間違っている

説明

AP PIPELINE REWIND 指示子がネストされているループに適用されると、AutoESL でファンクションが間違ってインプリメントされます。

ソリューション

この問題は 2012.1 リリースの AutoESL で修正されています。

rewind オプションはシングル ループまたはシングルのフラットなネスト ループで使用できます。 

ネストされたループの場合、rewind オプションは一番外側のループにのみ適用し、それ以外の内側のループはすべて展開しておきます。

AR# 45345
日付 09/09/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール