UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 45410

7 シリーズ GTX トランシーバー - 初期 ES から ES シリコンへの GTX の移行

説明

このアンサーでは、7 シリーズ GTX 初期 ES (エンジニアリング サンプル) シリコンの問題および回避策と、General ES への影響を説明します。

ソリューション


初期 ES と General ES シリコンのビットストリームの互換性 :

初期 ES のビットストリームを General ES シリコンに使用したり、General ES シリコンのビットストリームを初期 ES シリコンに使用することはできません。ISE Design Suite 13.4 の 7 Series FPGA Transceivers Wizard v1.5 では、初期 ES シリコン設定のみをサポートする GTX 設定が生成され、v1.6 では General ES シリコン設定のみがサポートされます。

初期 ES エラッタ :

TXOUTCLK および RXOUTCLK ポート

ES (GES) シリコンの場合、TXOUTCLK および RXOUTCLK ポートを使用するにあたっての制限事項が削除されています。

QPLL 使用モード

General ES シリコンの場合、QPLL 使用モデルおよびコアース キャリブレーション モジュールにより、さまざまな電圧で最適なマージンが得られます。温度変動は不要です。

レシーバー リンク マージン

ES (GES) シリコンの場合、フル レート モード (RXOUT_DIV = 1) のときレシーバー リンク マージンは影響を受けません。

CPLL ジッター

General ES シリコンの場合、MGTAVTT が平常より高いとき 3.1GHz 以上で動作する CPLL には高いジッターが見られません。

トランスミッターの電気的アイドル

ES (GES) シリコンの場合、TX 電気的アイドルがイネーブルになっていると、トランスミッターの同相電圧は予測どおりになります。


GTX トランシーバーの IEEE 規格 1149.6

General ES シリコンでは、 IEEE 規格 1149.6 (ACJTAG) のバウンダリ スキャン テスト コマンドである EXTEST_PULSE および EXTEST_TRAIN がサポートされていません。

ISE 13.4 でのソフトウェア使用モデルの変更 :

(ザイリンクス アンサー 43339) に説明されている初期 ES シリコンでの GTX ソフトウェア使用モデルの変更および要件を参照し、ISE Design Suite 13.4 を使用する場合の影響について説明します。

GTXE2_COMMON 使用モデルの変更

General ES シリコンでは、QPLL を使用しない場合でも、GTXE2_COMMON をインスタンシエートする必要があります。これは、正しい BIAS_CFG を伝搬するために必要です。そうでないと、GTXE2_COMMON モジュールの BIAS_CFG 属性が正しく設定されません。ISE 14.2 ツールを使用すると、(ザイリンクス アンサー 43339) に説明されているように、GTXE2_COMMON が自動的にインスタンシエートされます。

IBUFDS_GTE2 使用モデルの変更

区画の基準クロックが不正に振幅する IBUFDS_GTE2 ソフトウェアの問題は、ISE 13.4 ソフトウェア モデルで修正されています。このため、区画ごとに両方の IBUFDS_GTE2 インスタンシエーションを使用するという回避策は不要です。CLKSWING_CFG は 1 ビット ブール式から 2 ビット バイナリに変更となり、デフォルト値が 2'b11 に正しく設定されています。

ISE Design Suite 13.4 より前のバージョンで IBUFDS_GTE2 インスタンシエーションに CLKSWING_CFG パラメーターが明示的に設定されていない場合、ISE Design Suite 13.4 以降でも直接互換性があります。余分な IBUFDS_GTE2 インスタンスがあっても問題は発生しません。

ISE Design Suite 13.4 よりも古いバージョンの場合、IBUFDS_GTE2 インスタンシエーションには CLKSWING_CFG パラメーターが入力されていました。この値をバイナリ値の 2'b11 にアップデートする必要があります。余分の IBUFDS_GTE2 インスタンスを削除することもできます。
AR# 45410
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Kintex-7
  • Virtex-7
このページをブックマークに追加