AR# 45476

13.3 PlanAhead - Windows 64 ビット マシンで 32 ビットの PlanAhead ツールを使用してデザインをインプリメントするとメモリ不足になる

説明


Windows 64 ビット マシンで 32 ビットの PlanAhead ツールを実行すると (planAhead -m32)、マシンには十分なメモリがあるのにもかかわらず、メモリ不足になります。

たとえば、PlanAhead ツールでは配線に 1.6GB 強のメモリを使用しますが、マシンのメモリは 8GB です。次のようなエラー メッセージが表示されます。

"Phase 3 Special Net Routing
Time (s): 150.043w. Memory (MB): 1639.266p 541.195g
Ending Routing Task
Time (s): 150.249w. Memory (MB): 1639.266p 541.195g
ERROR: The application has run out of memory while executing "route_design "
INFO: [PlanAhead-261] Exiting PlanAhead...
INFO: [Common-83] Releasing license: PlanAhead"

ソリューション


PlanAhead 13.3 以前のツールの実行ファイルはデフォルトのメモリ設定でコンパイルされており、Windows 64 ビット OS での 32 ビット実行ファイルのメモリ使用量が 2GB に制限されています。2GB にはヒープ、コード、およびスタックが含まれます。レポートされないオーバーヘッドのため、約 1.63GB のメモリを使用するとアプリケーションがメモリ不足になります。

PlanAhead 13.4 ツールの実行ファイルは、IMAGE_FILE_LARGE_ADDRESS_AWARE セットを使用してコンパイルされており、Windows 64 ビット OS での 32 ビット実行ファイルのメモリ使用量が 4GB に増加されています。

4GB 以上のメモリが必要な場合は、64 ビットの PlanAhead ツールを使用してください。
AR# 45476
日付 11/07/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
ツール