UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 45889

Project Navigator - Tcl シェルでプロジェクト プロパティを設定すると GUI には表示されない解析エラーが発生する

説明


プロジェクト プロパティの一部を設定し BitGen を実行するため Tcl スクリプトを実行すると、構文エラーが 1 つまたは複数表示されます。

しかし、GUI で同じプロパティを設定するとこれらのエラーは表示されません。

どうしてこのような状態になるのでしょうか。


ソリューション

HDL ファイルの translate_off 文と translate_on 文の間に構文エラーがあると、この状況が発生します。

プロパティを設定するとプロジェクトのソースが再度解析されます。

この再解析は実際には合成に 1 回、シミュレーションで 1 回と、2 回実行されます。この構文エラーのあるファイルがシミュレーション用、またはインプリメンテーションとシミュレーション用にマークされると、シミュレーションのパーサーが translate_off 文と translate_on 文の間にある構文にフラグを付けます。

インプリメンテーションの場合、これらのエラーは無視することができます。または問題のファイルはインプリメンテーションのみのものとしてマークすることができます。しかし、この構文はシミュレーション実行前に修正しておく必要があります。
AR# 45889
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ISE Design Suite - 13.3
このページをブックマークに追加