AR# 46507

13.4 EDK - 1.01a の SPI コアは正常に機能していたが 1.02a にアップデートすると機能しなくなる

説明

1.01.a バージョンの AXI_SPI コアを使用したデザインは正常に機能していましたが、1.02.a にアップデートしたら機能しなくなりました。

ソリューション


SPI コントローラーで自動スレーブ選択アサートを設定し (SPICR レジスタ ビット 7 を 0)、SS_O ポートが 32 ビット幅である場合、SS_O にビット スワップされた不正なデータが出力されます。

この問題を修正するために 1.02.a のコアにエンディアン スワップが導入されましたが、コアのチップ セレクト (CS) ピンのエンディアンネスも変更されます。parameterC_NUM_SS_BITS を 1 以外の値に設定している場合、CS ピンのエンディアンがスワップされます。プロジェクトを設計する際は、このことを考慮してください。

さらに質問がある場合は、ウェブケースを開いてザイリンクス テクニカル サポートにご連絡ください。
AR# 46507
日付 11/13/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
IP