AR# 46744

Spartan-6 FPGA デザイン アシスタント - Spartan-6 FPGA でのクロック供給構造のデザイン

説明

Spartan-6 のクロック供給構造は、CMT タイルで構築されており、各タイルにはデジタル クロック マネージャー (DCM) が 2 つ、位相ロック ループ (PLL) が 1 つ含まれています。また、デバイス全体にクロックを配線するにはさまざまなタイプのバッファーがあります。このアンサーでは Spartan-6 FPGA のクロック供給構造のデザインについて説明します。

注記 : このアンサーは、Spartan-6 FPGA ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 44744) の一部です。Spartan-6 FPGA ソリューション センターには、Spartan-6 デバイスに関連するすべての質問への回答が含まれています。Spartan-6 FPGA を含むデザインを新しく作成する場合、または問題をトラブルシュートする場合は、この Spartan-6 FPGA ソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション

PLL
Spartan-6 デバイス ファミリの位相ロック ループ (PLL) には次のような機能があります。
  • クロック周波数合成
  • 位相アライメント/位相シフト
  • ノイズの多いクロックのクリーンアップ (ジッター フィルター)

DCM

Spartan-6 のデジタル クロック マネージャー (DCM) には次のようなクロック供給の高度な機能があります。
  • 入力クロック スキューの除去
  • 位相シフト クロック出力
  • 新しいクロック周波数を合成するための入力クロックの乗算および除算

デザインに PLL または DCM を使用する場合は、CORE Generator からアクセスできる Clocking Wizard を使用することを推奨します。このウィザードを使用しデザインのニーズに基づいて PLL または DCM を生成することができます。 アクセス方法など Clocking Wizard の詳細は、(ザイリンクス アンサー 46749) を参照してください。

クロック バッファー
Spartan-6 には、アプリケーションによりますが、デバイス内部で使用できるバッファーにいくつかのオプションがあります。I/O インターフェイスに特化されているものもあれば、FPGA 内部でのグローバル クロック分配に適しているものもあります。Spartan-6 ファミリで使用可能なバッファーの種類については、(ザイリンクス アンサー 46750) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
44744 Spartan-6 FPGA ソリューション センター N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 46744
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス