AR# 47249

2012.1 Vivado HLS - 相互排他的なメモリ アクセスが MUX にインプリメントされず、「"@W [SCHED-69] Unable to schedule 'load' operation on array 'x' due to limited resources (II = 1)」とレポートされる

説明

次の例では、Vivado HLS で警告メッセージが表示され、結果が予測される II およびパイプライン結果以下となります。

擬似コード :

If (condition) 
R = M[ax] ;
Else
R = M[ay];

@W [SCHED-69] Unable to schedule 'load' operation on array 'M' due to limited resources (II = 1).
@I [SCHED-61] Pipelining result: Target II: 1, Final II: 2, Depth: 3.

ソリューション

Vivado HLS で HDL 出力が確実に最適化されるように、コードを次のように変更します。 

If (condition) 
   A = ax ;
Else
   A = ay;
// next do the actual read
R=M[A];

この問題は、Vivado 2012.2 で修正されています。

AR# 47249
日付 06/25/2014
ステータス アクティブ
種類 ソリューション センター
ツール 詳細 概略