UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47567

Zynq-7000 AP SoC、ブート - JTAG からブートすると CPU1 のプログラム カウンター (PC) に無効なアドレスが指定される

説明


ブート中、2 番目の CPU (CPU1) で WFE 命令が実行されます。2 番目の CPU がパーキングされていると、BootROM でメモリが割り当て直されていることが考慮されず、BootROM プロセスの完了時に隠されてしまいます。そのため、2 番目の CPU がウェークアップ イベントを受信したときに、OCM または DDR にマップされた場所から動作が再開します。2 番目の CPU はその後ランダムな命令を実行し、システムで定義されていない動作が見られます。

JTAG デバッガーを使用して、2 番目の CPU の開始アドレスを既知のアドレスに設定してください。

ソリューション

影響 : あまり重要ではありません。この動作は JTAG 以外のブート モードでは発生せず、回避策があります。機能上の問題はありません。JTAG ブート モードは、デバッガーで JTAG を介して CPU にアクセスできるようにするためのモードです。
回避策 :下記に記載されているように、デバッガーを使用して CPU1 の PC を設定します。
対象となる
コンフィギュレーション :
JTAG コントローラーからのブートを使用するシステム
対象となるデバイス リビジョン : 詳細は、(ザイリンクス アンサー 47916) - Zynq-7000 デザイン アドバイザリ マスター アンサーを参照してください。


JTAG デバッガーを使用して、2 番目の CPU の開始アドレスを既知のアドレスに設定してください。

次の手順に従います。
  1. JTAG デバッガーを使用して 2 番目の CPU に接続します。
  2. (オプション) メモリ書き込み操作を使用して WFE および分岐命令をメモリに読み込みます。
  3. 2 番目の CPU の PC を適切な実行開始アドレスに設定します。
  4. 2 番目の PC を開始します。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
52538 Zynq-7000 AP SoC - ブートおよびコンフィギュレーション N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
46911 EDK 14.1 Zynq-7000 - 2 つ目の CPU コアのスタブを作成する方法 N/A N/A
AR# 47567
日付 03/06/2013
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
  • Zynq-7000
このページをブックマークに追加