AR# 47573

Zynq-7000 SoC、ブート - BootROM によりブート デバイスの I/O インターフェイス信号が未接続にされる

説明

MIO ピン上の NAND、NOR、および Quad-SPI デバイスのデータ I/O バスが BootROM により未接続にされ、消費電力が大きくなります。

セキュリティ ブート以外のモードでは、ブート プロセス中に MIO ピンのウィーク内部プルアップ抵抗をイネーブルにします。

ソリューション

影響: あまり重要ではありません。機能上の問題はありません。

回避策: .INT ファイルに set コマンドを作成してブート プロセス中に slcr.PIN_MUX_xx レジスタに書き込んで内部プルアップをイネーブルにし、BootGen を使用してブート イメージ内にリンクします。.INT ファイルの構文および BootGen プロシージャに関する情報は、ソフトウェア開発者用マニュアルを参照してください。

対象となる構成: すべて

対象となるデバイス リビジョン: (Xilinx Answer 47916) - 「Zynq-7000 SoC デバイス - シリコン リビジョン間の相違点」を参照してください。

.INT ファイルに set コマンドを作成してブート プロセス中に slcr.PIN_MUX_xx レジスタに書き込んで内部プルアップをイネーブルにし、BootGen を使用してブート イメージ内にリンクします。.INT ファイルの構文および BootGen プロシージャに関する情報は、ソフトウェア開発者用マニュアルを参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47916 Zynq-7000 SoC デバイス - シリコン リビジョン間の相違点 N/A N/A
AR# 47573
日付 06/13/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス