UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47577

Zynq-7000、Quad-SPI - リニア アドレス モードのコントローラーがロードの多いシステムで停止することがある

説明

リニア モードでは、メモリ リクエストが多いと Quad-SPI コントローラーが停止することがあります。ボー レート分周を使用してコントローラーを通るデータ レートを削減します。デバイスがブート プロセス中にアクセスされると、停止の可能性は見られません。

ソリューション


影響 : 深刻な問題ではありません。回避策を実行すると、スループットに影響します。

回避策 : クロック分周器を削減します。 詳細は、回避策のセクションを参照してください。

対象となるコンフィギュレーション : ブート外でリニアアドレス指定モードで Quad-SPI メモリ コントローラーを使用するシステム

影響のあるデバイス リビジョン : Zynq-7000 デバイス アドバイザリ マスター アンサー
を参照
影響の詳細

Quad-SPI 操作のブートはこの問題に影響されません。リニア アドレス モードで動作するその他の Quad-PSI アプリケーションの場合、スループットが多いと PS システムが停止することがあります。この問題は、クロック分周の値が 16 以上の場合は発生しません。システムが停止するのは、コントローラーがリニア アドレス モードの場合です。この問題は、PS システムからの周波数およびメモリ タイプ要件によって異なります。

回避策

Linear Quad-SPI モードの場合、コントローラーを通るデータ フローは、コンフィギュレーション レジスタの [5:3] ビットを使用してコントローラーのボー レート分周を変更すると少なくできます。ボー レート分周を 16 (Config_reg[5:3] = 011) 以上の値に設定してください。
AR# 47577
日付 08/08/2012
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
  • Zynq-7000
このページをブックマークに追加