AR# 47653

AXI Interconnect - リリース ノートおよび既知の問題

説明


これは AXI Interconnect のリリース ノートで次の情報が含まれています。
  • 一般情報
  • 新機能
  • 修正された問題
  • 既知の問題

CORE Generator の一般的な既知の問題、およびデザイン ツールの要件については、『IP リリース ノート ガイド』 (XTP025) を参照してください。

ソリューション


一般情報

新機能
説明 バージョン
(HDL) 同期クロック ドメイン交差はクロック コンバーター モジュール内で完全に実行されるので、マルチサイクル クロック制約は不要になり、生成されなくなりました。ACLK 周期パラメーターは非同期クロック変換専用で、ACLK 周期が指定されていない場合でも TIG を使用し非同期 CDC クロック制約が適用されます。1.06.a
(HDL) 非同期クロック ドメイン交差は、fifo_generator を 5 回呼び出すのではなく、5 チャネル AXI FIFO のインスタンスを 1 つ使用して (インスタンス スロットごと) 実行されるようになりました。 このため、コンパイル時間が短縮されるようになりました。非同期 CDC のタイミング制約は、インターコネクト インスタンスで非同期変換が実行される場合のみ条件付で生成されます。1.06.a
(Tcl) C_INTERCONNECT_DATA_WIDTH が MI の最大値よりも小さい、またはすべての SI/MI スロットと異なる、C_INTERCONNECT_ACLK_RATIO が MI の最速値よりも遅い、またはすべての SI/MI スロットと異なる、非同期クロック変換のある深さ 32 の FIFO が重複している、AW/AR/B チャネルまたは AXI4-Lite スロットにタイプ 1 のレジスタ スライスがある、すべての AXI4-Lite マスター/スレーブに SAMD クロスバーがある、といったコンディションに対し、最適化アラートが追加されました。1.06.a
v1.06 の初版1.06.a

修正された問題
説明 バージョン
なし1.06.a

既知の問題
説明 バージョン
C_S_AXI_IS_INTERCONNECT = 1 というパラメーター設定はサポートされていません。1.06.a
診断制御インターフェイス (S_AXI_CTRL) はインプリメントされていません。パラメーター C_USE_CTRL_PORT はこのため 0 になります。1.06.a

この表では、コアのバージョンに対して、それが含まれた最初の ISE のバージョンが記載されています。
コアのバージョン ISE のバージョン
1.06.a14.1
AR# 47653
日付 01/25/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス 詳細 概略
ツール
IP