AR# 47654

AXI Video Direct Memory Access (VDMA) - リリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーでは、AXI VDMA のリリース ノートと既知の問題を示します。次の内容が記載されています。

  • 一般情報
  • 新機能
  • 修正点
  • 既知の問題

インストール、CORE Generator の既知の問題、デザイン ツール要件については、『IP リリース ノート ガイド』 (XTP025) を参照してください。

ソリューション

一般情報

新機能

説明 コアのバージョン
  • リソースを最適化
5.04.a
  • C_MM2S_SOF_ENABLE および C_S2MM_SOF_ENABLE のデフォルト値を 0 から 1 に変更
5.03.a
  • フレーム サイズおよびライン サイズの不一致エラーが発生した際の動作を、S2MM チャネルの SOF_EARLY、SOF_LATE、EOL_EARLY、および EOL_LATE エラーに個別のステータス ビットを使用することにより向上
5.02.a
  • 消去なしおよびフリーラン モードを含むすべてのモードで、ライン サイズの不一致エラーが発生しても S2MM チャネルは停止しないよう修正
5.02.a
  • フリーラン モードを含むすべての モードで TUSER(0) に対してMM2S からフレームの開始 (SOF) を出力
5.02.a
  • Dynamic GenLock Master および Dynamic GenLock Slave と呼ばれる新しい GenLock モードを 2 つ追加
5.01.a
  • MM2S および S2MM チャネルのストリーミング インターフェイスで整数バイト データ幅をサポート
5.01.a
  • C_USE_FYSNC および C_FLUSH_ON_FSYNC のパラメーター定義を向上し、外部フレーム同期および消去イネーブル/ディスエーブルを両方のチャネルに個別に設定可能 (完全に後方互換性を保持)
5.01.a


修正点

説明 コアのバージョン
5.04.a
5.03.a
5.01.a

既知の問題

説明 コアのバージョン
なし 5.04.a
なし 5.03.a
なし 5.02.a
N/A 5.01.a


次の表に、コアのバージョンと、そのバージョンが最初に含まれた ISE のバージョンを示します。

ISE/Vivado デザイン ツールのバージョン コアのバージョン
14.4 / 2012.4 5.04.a
14.3/2012.3 5.03.a
14.2/2012.2 5.02.a
14.1/2012.1 5.01.a

アンサー レコード リファレンス

サブアンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54448 LogiCORE IP AXI Video Direct Memory Access - Vivado 2013.1 およびそれ以降のツール バージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 47654
日付 09/16/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス 詳細 概略
ツール
IP