UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 4855

LogiCORE PCI - データ フェーズ間への wait 状態の挿入に対する処理について

説明

キーワード : target, IRDY, wait, state, read, write, data, phase, latency, initial, subsequent, wait 状態, 読み出し, 書き込み, データ フェーズ, レイテンシ, 初期

重要度 : 標準

概要 :
PCI コアでは、データ フェーズ間に wait 状態を挿入した場合、どのように処理されますか。

ソリューション

1

ターゲットとしては、データ フェーズ間に初期レイテンシ (wait 状態) のみ挿入できます (その後にはレイテンシは挿入不可)。 LogiCORE ターゲットでは、マスタによる初期およびそれに続くレイテンシの挿入 (転送の始めおよび転送中のマスタによる wait 状態の挿入) は正しく処理されます。 これは、ターゲット読み出しおよびターゲット書き込みの両方に当てはまります。 ターゲットにより wait 状態を挿入すると、ユーザー アプリケーションに対して最初のデータ転送の前に時間を与えることができます。

ユーザー アプリケーションでは、S_READY 出力のアサートを解除して wait 状態を挿入できます。

ターゲットでは、FRAME_IO がアサートされてから 16 クロック以内に、トランザクションの最初のデータ フェーズを完了する必要があります。

初期レイテンシの挿入に関する詳細については、次のサイトから『LogiCORE PCI Design Guide』を参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/pci

2

マスタとしては、コアはターゲットの場合と同様に動作します。 初期以降のレイテンシは挿入できませんが、それが可能なターゲットには対応できます。 初期レイテンシは、最初のデータ フェーズが始まる前に挿入されます。

ユーザー アプリケーションでは、M_READY 出力のアサートを解除して wait 状態を挿入できます。

初期レイテンシの挿入に関する詳細については、次のサイトから『LogiCORE PCI Design Guide』を参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/products/logicore/coredocs.htm#datasheets

3

ユーザー アプリケーションでは、C_READY 出力を Low に保持すると、コンフィギュレーションの読み出し/書き込み中に wait 状態を挿入できます。 ターゲットでは、FRAME_IO がアサートされてから 16 クロック以内に、トランザクションの最初のデータ フェーズを完了する必要があります。

初期レイテンシの挿入に関する詳細については、次のサイトから『LogiCORE PCI Design Guide』を参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/products/logicore/coredocs.htm#datasheets
AR# 4855
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般