AR# 50328

LogiCORE IP Ethernet 1000BASE-X PCS/PMA または SGMII v11.3 - エラスティック バッファーのある 7 シリーズ SGMII のリセット ロジックへのアップデート

説明

エラスティック バッファーのある Tri-Speed SGMII 用に Ethernet 1000BASE-X PCS/PMA または SGMII コアが生成されている 7 シリーズをターゲットにしている場合、リセット ロジックにアップデートが必要です。このアップデートは、エラスティック バッファーのある SGMII にのみ必要で、エラスティック バッファーなしで生成されている 1000BASE-X または SGMII には影響しません。受信側のエラスティック バッファーでバッファー エラーが出力されると、そのエラスティック バッファーおよび GT にリセットとして戻されるので、この修正が必要です。GT がリセットから回復するのには時間がかかり、バッファーにデータを入力することができないため、このエラーは継続して発生し、バッファーでアンダーフローが発生します。追加ロジックにより、既にリセット シーケンスにある場合は、GT がまたリセットされることはありません。

ソリューション

この問題を修正するには、reset_done_rx を含めるように gt_reset_rx を変更します。<core_name>/transceiver.v/vhd ファイルで、次の行を検索します。

assign gt_reset_rx = cpllreset | ((!cplllock | (rxreset)) & reset_counter[7]);
これを次のように変更します。
assign gt_reset_rx = cpllreset | ((!cplllock | (rxreset & resetdone_rx)) & reset_counter[7]);


アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47524 LogiCORE IP Ethernet 1000BASE-X PCS/PMA or SGMII - v11.x のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 50328
日付 11/28/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
IP