AR# 50595

Kintex-7 FPGA KC705 評価キット - ビルトイン セルフ テスト (BIST) を実行するとターミナル プログラムに出力がない

説明

KC705 のビルトイン セルフ テスト (BIST) を実行するため XTP102 に沿うと、使用しているターミナル プログラムで期待出力が表示されません。何が問題なのでしょうか。

ソリューション


Kintex-7 FPGA KC705 評価キットは、KC705 BIST デザインを含む、オンボード BPI フラッシュにあらかじめプログラムされたデザインとともに出荷されています。

XTP102、KC705 BIST PDF に沿っているのにターミナル ウィンドウに期待出力が表示されない場合は、次の点を確認してください。

1. Silicon Labs の CP210x ドライバーが正しくインストールされていることを確認します (http://www.silabs.com/Pages/default.aspx)。
2. USB-UART デバイスがデバイス マネージャーで検出されていることを確認します。
3. USB-UART デバイスに選択されている COM ポートが使用しているターミナル ウィンドウで選択されている COM ポートと同じであることを確認します。
4. TeraTerm を使用している場合は、COM 1 から 4 の COM ポートを使用し、この範囲外のものを使用していないことを確認してください。
5. BPI フラッシュが消去されている、またはその内容が破損していると思われる場合は、RDF145、KC705 フラッシュ復元のデザイン ファイルを使用して、XTP131、KC705 フラッシュ復元の PDF にある手順に従って、フラッシュの内容を復元します。
AR# 50595
日付 02/18/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits