UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 50722

Vivado HLS - タブを閉じてしまった場合にデフォルトの GUI 表示を復元する方法

説明

GUI の [Directive] タブを誤って閉じてしまいました。このタブをもう一度表示するにはどうしたらよいですか。デフォルトの GUI 表示を復元できますか。

ソリューション

すべてのタブは、[Window] → [Show View] をクリックして表示できます。

[Directive] タブを開くには、[Window] → [Show View] → [] をクリックし、[Show View] ダイアログ ボックスで [Other] の下から [Directive] を選択して [OK] をクリックします。

デフォルトの GUI 表示を復元するには、C:\Users\<USERNAME> にあるコンフィギュレーション ディレクトリ .autoesl または .vivado_hls を削除します。これで、次の GUI セッションで表示が復元されます。

注記 : 最近開いたプロジェクトの履歴も削除されてしまいます。これを回避するには、ディレクトリを削除する前に recentproject.xml を別の場所にコピーしておき、新しいディレクトリに戻します。

AR# 50722
日付 10/05/2012
ステータス アクティブ
種類 ソリューション センター
ツール
  • AutoESL
  • AutoESL - 2012.1
  • AutoESL - 2011.4.2
  • More
  • AutoESL - 2011.4
  • Vivado
  • Less
このページをブックマークに追加