UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 50899

14.x Timing Analyzer - トライステート バッファーが OFFSET OUT 制約とともに使用されていると、データシート セクションに間違った値が表示される

説明

タイミング レポートのデータシート セクションには、異なるソースのパスに対し、同じ出力遅延が表示されています。

ソリューション


レポートされている遅延はイネーブル信号へのパスで、トライステート バッファーとデータに対し同じ値が表示されています。これは、トライステート出力バッファーがインスタンシエートされていたり推論されていると発生します。928895_OBUFT_tristate_path_datasheet_val.JPG

これはタイミング レポートの既知の問題です。

正しい値はタイミング レポートの詳細セクションに表示されています。

928895_OBUFT_tristate_path_offset_out_val.JPG
AR# 50899
日付 11/12/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Spartan-6
ツール
  • ISE Design Suite - 13
  • ISE Design Suite - 14
このページをブックマークに追加