AR# 50957

SelectIO デザイン アシスタント: IBIS モデルおよびシミュレーション - IBISWriter および Write_IBIS

説明

このアンサーは、ユーザーデザインからカスタムの IBIS モデルを出力するための概要を説明します。

このアンサーは、SelectIO ソリューション センター (Xilinx Answer 50924) のデザイン アシスタント (Xilinx Answer 50926)の一部です。

ソリューション

ザイリンクス ツールでは、デザインに特化した IBIS モデルを生成できます。 

このモデルには、I/O に合わせたパッケージ寄生情報が含まれているため、シミュレーションがさらに正確になります。 

各ツール フローに IBIS モデルを出力ための機能があります。

ISE の場合は、IBIS Writer を使用して IBIS モデルを生成できます。PlanAhead/Vivado には write_ibis というプロセスがあります。

PlanAhead/Vivado での write_ibis プロセス

PlanAhead/Vivado では、write_ibis コマンドを使用して IBIS モデルを出力できます。このフローの主な利点は、NCD ファイルが不要なことです。

このプロセスは I/O ピン プランニングの段階で実行できるため、ボード レベル シミュレーションを実行するのに、完成に近いデザインを用いる必要はありません。 

次の図は PlanAhead/Vivado で IBIS モデルを出力する方法を示しています。


 

write_ibis のオプションは次のとおりです。

  • 出力ファイル名を変更します。
  • I/O モデルが使用されていなくても、指定デバイスのすべての I/O モデルをファイルに含めます。
  • パッケージ寄生のオン/オフを切り替えます。


 

このプロセスは Tcl コンソールからも実行できます。Tcl 構文例は次のとおりです。

write_ibis C:/work/planAhead_testcases/io_1.ibs -truncate 40 -force 

ISE IBIS Writer:

IBIS Writer は ISE フローから使用できるツールで、デザインに特化した IBIS モデルを生成します。IBIS Writer にはデザイン ソース ファイルを入力する必要があります。 

FPGA デザインの場合、これはデザインの物理的記述で、ネイティブ回路記述 (NCD) ファイルになります。拡張子は .ncd です。

IBIS Writer はコマンド ラインまたは ISE GUI から起動できます。GUI オプションは次のようになっています。


 

IBIS Writer 内で次の手順でオプションを設定します。

  • 出力ファイル名を変更します。
  • I/O モデルが使用されていなくても、指定デバイスのすべての I/O モデルをファイルに含めます。
  • VCCAUX レベルを割り当てます。
  • パッケージ寄生のオン/オフを切り替えます。


 

 

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
50644 SelectIO デザイン アシスタント: IBIS モデルおよびシミュレーション N/A N/A
AR# 50957
日付 06/02/2017
ステータス アクティブ
種類 ソリューション センター
デバイス