UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 51237

Vivado 合成での FSM セーフ インプリメンテーション機能のサポート

説明

Vivado 合成では FSM セーフ インプリメンテーション機能がサポートされていますか。

ソリューション

2013.2 以降の Vivado 合成では、HDL を介してセーフ インプリメンテーション機能がサポートされています。 

ツールによるこのサポートの一部として、セーフ インプリメンテーション ステートをリセットまたはパワー オンに設定できます。

例 :

reg [FSM_BITS-1:0] state /*synthesis fsm_safe_state = "reset_state" */

これにより、セーフ ステートとして reset_state が使用されます。

ステート マシンに reset_state または power_on_state がない場合、セーフ ステートはインプリメントされません。

ツールがサポートするセーフ インプリメンテーション ステートは、現在これらに限定されています。 

ユーザー指定のステートは、Vivado 合成の今後のリリースでサポートされる予定です。

 

2013.2 より前のバージョンでは、有限ステート マシンの case 文に default 文を追加し、Vivado 合成で default 文が確実に使用されるように -fsm_extraction を NO に設定してください。

無効なステートや到達不可能なステートが発生した場合に、Vivado 合成でこの default 文が使用されます。

-fsm_extraction を Yes に設定する場合は、FSM に到達可能なステートがあることを確認してください。

ステートが到達不可能な場合、default 文が最適化で削除される可能性があります。
AR# 51237
作成日 08/20/2012
最終更新日 11/26/2014
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • Vivado Design Suite
  • Vivado Design Suite - 2013.2
  • Vivado Design Suite - 2013.3