UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52014

Zynq-7000 SoC、Boot IOP - Quad-SPI MIO ピン 8 がブート中に間違ってイネーブルになる

説明

Quad-SPI I/O インターフェイスでは、高周波数クロックを供給できるようにするため、MIO ピン 8 をオプションでフィードバック出力クロックとしてイネーブルにできます。
Quad-SPI ブート シーケンス中に、BootROM で MIO ピン 8 がトグルする出力として間違って不要にイネーブルにされます。

ソリューション

BootROM は、フィードバック出力クロックが必要な周波数未満で Quad-SPI を動作させます。

MIO ピン 8 は、High と Low にトグルする Quad-SPI クロックでアクティブに駆動されます。フィードバック出力クロックは自由にトグルできるようにしておく必要があります。

 

影響:
深刻な問題ではありません。
回避策:
ボード デザインで MIO ピン 8 を Quad-SPI ブート シーケンス中にトグルする出力と考慮し、適切に対処する必要があります。
対象となる構成:
Quad-SPI ブート モードを使用するシステム
対象となるデバイス リビジョン: (Xilinx Answer 47916) - 「Zynq-7000 SoC デバイス - シリコン リビジョン間の相違点」を参照してください。
AR# 52014
日付 05/25/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
  • Zynq-7000
このページをブックマークに追加