AR# 52016

Zynq-7000 SoC、Boot IOP - SDIO ブート モードの MIO ピン 0 でのカード検出テスト

説明

SD メモリ カード ブート シーケンス中、BootROM により MIO ピン 0 のロジック レベルが SD カード検出のため読み出されます。SDIO ブート プロセス中、MIO ピン 0 は Low にする必要があります。

ソリューション

このピンが High の場合、BootROM で SD カードがないと認識されるため、SD メモリ カードの BootROM プロセスでエラーが発生します。設計上は、SD カード検出ステータスをテストせずに BootROM が SD カードにアクセスできることを意図しています。

影響: 深刻な問題ではありません。
回避策: SDIO ブート シーケンス中は MIO ピン 0 を Low に設定します。
対象となる構成: SDIO ブート モードを使用するシステム
対象となるデバイス リビジョン:

(Xilinx Answer 47916) - 「Zynq-7000 AP SoC デバイス - シリコン リビジョン間の相違点」を参照してください。

改訂履歴
2012/11/19 - SDIO ブート シーケンス中は MIO ピン 0 を設定するように回避策をアップデート。

AR# 52016
日付 05/25/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス