UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52217

Vivado - Tcl スクリプトから合成にパラメーターを渡すことはできるか

説明

Vivado ツールで Tcl スクリプトから合成にパラメーターを渡すことはできますか。

ソリューション

Vivado ツールでは、コマンド ラインから合成ツールに defparam 値を渡すことができます。たとえば、ジェネリックとして定義されているパラメーターの場合、次のようになります。

e clk_infra 
#(parameter    CLKCORETREE = 0

ある run から合成を実行するときは、set_property を使用してパラメーター値を設定します。

set_property generic {CLKCORETREE=1} [current_fileset]

synth_design を直接呼び出す場合は、ジェネリック オプションを使用します (synth_design ヘルプを参照)。

パラメーターに使用できるデータ型は、次のとおりです。

  • ブール値 : set_property generic {ACTIVE_LOW=1'b0 } [current_fileset]
  • 1 ビット ベクター : set_property generic {ENABLE=1'b0 } [current_fileset]
  • 複数 ビット ベクター : set_property generic {INIT_VALUE=4'b0101} [current_fileset]
  • 整数 : set_property generic { BUS_WIDTH=12} [current_fileset]
  • 文字列 : set_property generic {MODE={\"FULL\"}} [current_fileset]
AR# 52217
日付 10/29/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • Vivado Design Suite
このページをブックマークに追加