UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52365

2012.3 - Vivado - Vivado RTL プロジェクトで [Make Diff Pair] オプションがグレー表示になっている

説明

エラボレートされたデザインを開いて、ターゲット デバイスに対しピン配置を設定しようとしていますが、[Make Diff Pair] オプションがグレー表示になっています。

デザインで差動ペアを作成するにはどうしたらよいでしょうか。

ソリューション

RTL プロジェクトでピン配置を設定するのは設計方法としては好ましいとは見なされません。 

HDL または Vivado ピン プランニング プロジェクト内で、ポートを差動ポートとして定義する必要があります。 

このため、Vivado 2012.4 およびそれ以降のバージョンでは、[Make Diff Pair] オプションは RTL プロジェクトの場合は非表示になっています。

HDL またはピン プランニング プロジェクトの外でデザインを変更する必要がある場合は、次の Tcl コマンドを使用して、差動ポートを作成することができます。

make_diff_pair_ports port_p port_n
AR# 52365
日付 09/29/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Kintex-7
ツール
  • Vivado Design Suite - 2012.2
このページをブックマークに追加