UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52693

14.2 - AXI BFM - RESPONSE_TIMEOUT 値の変更

説明

『LogiCORE IP AXI バス ファンクション モデル データシート』 (DS824) に、RESPONSE_TIMEOUT パラメーターは変更可能であると記述されています。

ところが、このパラメーターの値を変更しようとすると、シミュレーションを実行したときにアップデートされません。

 

ソリューション

RESPONSE_TIMEOUT は内部変数であり、set_response_timeout() API タスクを使用して変更できます。

例 :

//To change the response timeout from the default 500 to 1000, include the following in the BFM test bench
tb.master_0.set_response_timeout(1000);
tb.slave_0.set_response_timeout(1000);

 

 

AR# 52693
日付 03/25/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • EDK
IP
  • Debug and Verification
このページをブックマークに追加