AR# 52820

2012.3 Vivado タイミング解析 - 出力パス解析でクロックのばらつきが 0ns になっている

説明

出力パス解析でクロックのばらつきが 0ns になっているのはなぜですか。

ISE ツールでは、出力パス解析で (FFS から PAD まで)、クロックのばらつきは 25ps でしたが、Vivado ツールでは 0ps と計算されます。

ソリューション

この問題は Vivado の次のメジャー リリースで修正される予定です。
AR# 52820
日付 08/08/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール