AR# 53119

2.00.a - ChipScope Artix-7 GTP IBERT - カスタマイズ GUI で REFCLK1 が選択されている場合でも、PLL0 および PLL1 の REFCLK0 が常に使用される

説明

GUI で IBERT をカスタマイズする際に REFCLK1 を選択しても、.bit ファイルをボードにダウンロードすると REFCLK0 が使用されます。

PLL0REFCLKSEL[2:0] または PLL1REFCLKSEL[2:0] は常に 3'b001 です。

ソリューション

これは、Artix-7 FPGA にのみ影響する問題です。

REFCLK1 を使用する場合にこの問題を回避するには、手動で COMMON IBERT ポート設定で PLL0/1REFCLKSEL[2:0] を 3'b010 に変更してください。

IBERT ビットストリームを読み込んだ状態で、ChipScope Analyzer で次を実行します。

1) IBERT コンソールを開きます。
2) [Port Settings] タブをクリックして [Common View] をオンにし、PLL0REFCLKSEL (または PLL1 を使用する場合は PLL1REFCLKSEL) を 0x2 に設定します。

これにより、AC701 ボードでバンク 213 で 2 つ目のクロック (SFP_MGT_CLK1) が使用できるようになります。 

ibert.jpg

AR# 53119
日付 12/19/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール