AR# 53120

14.x 制約 - 温度別デバイスのタイミング解析方法、TEMPERATURE 制約の使用できるデバイス、Vivado で TEMPERATURE 制約に該当する制約

説明


デザインのタイミングをさまざまな温度で解析するとします。

温度はどうすれば制約および Timing Analyzer を使用して下げることができますか。

温度を下げることができるデバイスは何ですか。

Vivado Design Suite で TEMPERATURE 制約に該当する制約は何ですか。

ソリューション

1) 温度はどうすれば制約および Timing Analyzer を使用して下げることができますか。

A) UCF で TEMPERATURE 制約を使用して、ツールがタイミングを計測する温度の値を指定します。制約の構文は、次のようになります。

TEMPERATURE=value [C|F|K];

具体例 :

TEMPERATURE=25 C;

タイミング解析実行中に温度を下げて特定の温度に対するタイミングを解析することもできます。次の図を参照してください。ただし、温度を下げたり、TEMPERATURE 制約を使用する方法は、次の特定デバイスでのみ使用できます。

ISE_Derate_disable.PNG
ISE_Derate_disable.PNG



2) 温度を下げることができるデバイスは何ですか。

A) Virtex-5 および Virtex-4 FPGA などの古いデバイスには、ISE ツールで TEMPERATURE 制約を使用して、この値を Timing Analyzer で変更してレポートするオプションがあります。
このオプションは Vivado Design Suites で 6 シリーズまたは 7 シリーズ デバイスに対しては使用できません。ISE Design Suite でも 6 シリーズまたは 7 シリーズ デバイスに対しては使用できません。上記の [Run Timing Analysis] でも [Derate to] オプションは使用できなくなっており、85 ℃ (摂氏) に固定されます。

3) Vivado Design Suite で TEMPERATURE 制約に該当する制約は何ですか。

A) Vivado DesignSuiteには、TEMPERATURE 制約に該当するコマンドはありません。 これは、6 シリーズ デバイスから、TEMPERATURE 制約がデザインに影響しなくなっているからです。Vivado ツールでは 7 シリーズ デバイスのみがサポートされるので、TEMPERATURE に該当する制約は必要ありません。
AR# 53120
日付 11/28/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール