UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53360

LogiCORE IP Tri-Mode Ethernet MAC v5.4 以前 - 一時停止フレーム要求が連続すると不正な一時停止クォンタムが出力されることがある

説明

Tri-Mode Ethernet MAC v5.4 以前のバージョンを使用する場合、一時停止フレームが連続して要求されたときに、送信された一時停止フレームの一時停止クォンタムが破損することがあります。

前の一時停止値の上位 8 ビットと現在の一時停止値の下位 8 ビットが結合され、同じ一時停止フレームの一時停止クォンタムとして送信されます。

ソリューション

この問題は、Tri-Mode Ethernet MAC v5.5 コアで修正されています。

v5.1、v5.2、v5.3、または v5.4 コアを使用する場合は、下の ar53360_tri_mode_eth_mac_pausereq_shim.zip ファイルに含まれる SHIM をコアと共に使用できます。

SHIM のインスタンシエートおよび接続方法は、ar53360_tri_mode_eth_mac_pausereq_shim.zip に含まれる readme ファイルを参照してください。

v4.6 の Tri-Mode Ethernet MAC コアを使用する場合は、(ザイリンクス アンサー 53139) を参照してください。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
ar53360_tri_mode_eth_mac_pausereq_shim.zip 7 KB ZIP

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54476 LogiCORE IP DUC/DDC Compiler - Vivado 2013.1 およびそれ以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 53360
日付 12/19/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
  • Tri-Mode Ethernet MAC
このページをブックマークに追加