UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 53560

7 Series GTZ Transceiver Wizard (Vivado 2012.4) での既知の問題

説明

このアンサーは、Vivado 2012.4 Design Suite で GTZ トランシーバーをターゲットにした 7 Series FPGAs Transceivers Wizard v2.4 の既知の問題について説明します。

ソリューション

GTZ Wizard の既知の問題

  • 個々のチャネルを別々にコンフィギュレーションすることができません。
  • すべての GTZ デザインに対し CTLE チューニングを有効にする必要があります。『7 シリーズ FPGA GTZ トランシーバー ユーザー ガイド』 (UG478 v2.0 以降) に説明されている手順に従うか、または <component_name>_ctle_tuning.v サンプル デザイン モジュールのコードを再利用して、CTLE チューニングを有効にしてください。
  • レーンごとに 25Gbps を超える速度で動作する CAUI-4 などのマルチレーン プロトコルの場合、レーン間のデスキューを低減させるため、ダイナミック位相デスキューが必要です。または、<component_name>_gt_usrclk_source.v モジュールのコードを再利用する必要があります。
  • GTZ Wizard によりサンプル デザインに ChipScope ツール コアが挿入されていても、CPJ ファイルは生成されません。このため、<component_name>_exdes.v モジュールでの接続に基づいてファイルを作成する必要があります。
  • RXFIBRESET はオプション ポートとしてリストされていますが、CTLE チューニングやダイナミック位相デスキュー ロジックなどの操作の RX FIFO リセットを制御できるようにするため、これをサンプル デザインの最上位に常に設定する必要があります。
  • REFCLK のドロップダウン メニューで選択されているライン レートに対し REFCLK がすべて GTZ Wizard に表示されていますが、GTZ トランシーバーでサポートされているのはその一部のみです。各ライン レートでサポートされている REFCLK の値については、『7 シリーズ FPGA GTZ トランシーバー ユーザー ガイド』 (UG478) を参照してください。
AR# 53560
日付 07/31/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
  • Virtex-7 HT
IP
  • 7 Series FPGAs Transceivers Wizard
このページをブックマークに追加