AR# 53693

Aurora 8B10B - IP コア バージョンでサポートされるシリコン リビジョン

説明

このアンサーでは、Aurora 8B10B IP コアでサポートされるシリコン リビジョンを 7 シリーズ FPGA のトランシーバーの種類別に記載します。

ソリューション

次の表に、シリコン バージョンの種類別にサポートされる Aurora 8B10B IP コア バージョンをまとめています。

表 1 : GTX トランシーバー

IES シリコン GES シリコン プロダクション シリコン
Aurora 8B10B IP バージョン v7.1 (ISE) v8.3 (ISE)
v8.3 (ISE)
v10.0 以降 (Vivado)
GT Wizard バージョン v1.5 Rev 2
v2.7 (ISE)
v3.0 (Vivado)
v2.7 (ISE)
v3.0 以降 (Vivado)
アンサー - GT の設定のアップデート (ザイリンクス アンサー 43244) (ザイリンクス アンサー 45360) (ザイリンクス アンサー 50617)



表 2 : GTH トランシーバー

IES シリコン GES シリコン プロダクション シリコン
Aurora 8B10B IP バージョン v8.2 (ISE)
v8.3 (ISE)
v8.3 Rev1 (Vivado)
v8.3* (ISE)
v10.0 以降 (Vivado)
GT Wizard バージョン v2.2 v2.4
v2.7 (ISE)
v3. 0 以降 (Vivado)
アンサー - GT の設定のアップデート (ザイリンクス アンサー 47128) (ザイリンクス アンサー 51625) NR*


表 3 : GTP トランシーバー

IES シリコン GES シリコン プロダクション シリコン
Aurora 8B10B IP バージョン v8.3 (ISE) v8.3 (ISE)
v8.3 Rev1 (Vivado)
v8.3* (ISE)
v10.3 以降 (Vivado)
GT Wizard バージョン v2.4 v2.4
v2.7 (ISE)
v3.0 以降 (Vivado)
アンサー - GT の設定のアップデート (ザイリンクス アンサー 51369) (ザイリンクス アンサー 51369) NR*


NR* - リリースなし
v8.3* - 特定トランシーバーのプロダクション サポート バージョンではない

注記 :

  1. 上記の表にあるコアのバージョンは、Aurora 8B10B を該当するシリコンをターゲットにするときに推奨されるバージョンです。
  2. 最新バージョンの Aurora 8B10B IP であれば、古いバージョンのシリコンをターゲットにすることができます。
    これには、シリコン バージョンに合うように GT 設定をアップデートする必要があります。
    GT ラッパーを生成するには、そのシリコン バージョンをサポートする正しいバージョンの GT ウィザード (上記に記述) を使用してください。

 

これらのバージョンの詳細は、次のリンクから『IP リリース ノート ガイド』を参照してください。http://japan.xilinx.com/support/documentation/ip_documentation/xtp025.pdf

改訂履歴
2013/01/08 - 初版
2013/02/04 - 注記 2 を追加
2013/04/02 - GTX/GTH/GTP のプロダクション シリコンで使用するコア バージョンをアップデート
2013/12/05 - GTX/GTH/GTP のプロダクション シリコンで使用するコア バージョンをアップデート

2014/12/15 - GTP プロダクション シリコンに推奨されるコア バージョンをアップデート

AR# 53693
日付 01/28/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
IP