AR# 54445

LogiCORE IP I/O Module - Vivado 2013.4 以前のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーは、I/O Module コアのリリース ノートおよび既知の問題を記述したもので、次の内容を含みます。

  • 一般情報
  • 既知の問題および修正された問題
  • 改訂履歴

このリリース ノートおよび既知の問題は、Vivado 2013.4 およびそれ以降のツール バージョンで生成されたコアを対象としています。
以前のバージョンの既知の問題および ISE サポート情報は、『IP リリース ノート ガイド』 (XTP025) を参照してください。

LogiCORE I/O Module IP ページ :
http://japan.xilinx.com/content/xilinx/ja/products/intellectual-property/iomodule.html

ソリューション

一般情報

サポートされるデバイスは、次の 3 つの場所から確認できます。

すべてのバージョンの新機能のリストおよび追加されたデバイス サポートは、Vivado ツールに含まれるコアの変更ログ ファイルを参照してください。

バージョン対照表

次の表に、コアの各バージョンに対して、それが最初に含まれた Vivado デザイン ツールのバージョンを示します。

コアのバージョン Vivado のバージョン
2.2 2013.4
2.0 2013.1
1.02.b 2012.4


一般的なガイダンス

次の表に、LogiCORE I/O Module コアを使用する際の一般的なガイダンスを含むアンサーを示します。

アンサー タイトル
(ザイリンクス アンサー 55248) Vivado タイミングおよび IP 制約



既知の問題および修正された問題

次の表に、Vivado 2013.4 でリリースされたI/O Module v2.2 以降の既知の問題を示します。

注記 : [問題の発生したバージョン] 列には、問題が最初に見つかったバージョンを示しています。問題はそれ以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは行われていません。

Vivado 2013.1 では既知の問題はありません。

アンサー タイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン

改訂履歴
2013/04/03 - 初版
2013/12/18 - 2013.4 用に更新

AR# 54445
日付 11/11/2014
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
IP