AR# 54589

14.4 EDK、SDK - ハード クワッド SPI を使用する Zynq SoC で Xil ISF v3.0 を使用するとボード サポート パッケージをコンパイルできない

説明

SoC 上のハード クワッド SPI を使用し、SDK にエクスポートする Zynq システムで、ボード サポート パッケージ設定に Xil ISF ライブラリを使用すると、次のようなコンパイル エラー メッセージが表示されます。

"Compiling XilIsf Library"
xilisf.c: In function 'XIsf_Initialize':
xilisf.c:403:5: error: 'XQSPIPS_MASTER_OPTION' undeclared (first use in this function)
xilisf.c:403:5: note: each undeclared identifier is reported only once for each function it appears in
xilisf.c:403:5: error: 'XQSPIPS_FLASH_MODE_OPTION' undeclared (first use in this function)

xilisf.c: In function 'XIsf_RegisterInterface':

xilisf.c:905:41: warning: assignment from incompatible pointer type [enabled by default]

xilisf.c:906:35: warning: assignment from incompatible pointer type [enabled by default]
xilisf.c:907:41: warning: assignment from incompatible pointer type [enabled by default]
make[1]: *** [xilisf.o] Error 1
 
make[1]: Target `libs' not remade because of errors.

 

 

ソリューション

この問題の回避策は次のとおりです。

  1. このアンサーの最後に添付されているファイルをダウンロードし、SDK ワークスペースに解凍します。
  2. リポジトリをアップデートします。これには、[Xilinx Tools] → [Repositories] をクリックします。
  3. [Preferences] ダイアログ ボックスの [Add, remove or change the order of SDK's software repositories] ページで、[New] をクリックします。
  4. SDK ワークスペースを指定します。

    repos.png

  5. [Xilinx Tools] → [Board Support Package Settings] をクリックします。
    bsp_settings.png
  6. 次の図に示すように、[Board Support Package Settings] ダイアログ ボックスの [Overview] セクションで [xilisf] をオンにし、[Version] に [4.00.a] を選択します。

    xil_ifs_settings.png
  7. 再構築するには、[Project] → [Clean] をクリックし、[Clean all projects] をオンにして [OK] をクリックします。

 

注記: 添付ファイルに含まれている xilisf_v4_00_a フォルダーを直接 EDK インストール ディレクトリの
C:\Xilinx\14.4\ISE_DS\EDK\sw\lib\sw_services にコピーすることもできます。

上記の手順は、SDK をスタンドアロン モードで使用している場合です。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
sw_services.zip 347 KB ZIP
AR# 54589
日付 05/02/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール