UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 55791

7 Series FPGAs Transceivers Wizard のデザイン アドバイザリ - v2.5 のウィザードに必要なアップデート

説明

このアンサーでは、 Vivado 2013.1 ツールに含まれる 7 Series FPGAs Transceivers Wizard v2.5 で、GTP、GTX、GTH、および GTZ トランシーバーに関して必要なアップデートを示します。

ソリューション

GTP トランシーバー

次に、GTP トランシーバーの生成に関する問題および Tcl スクリプトを示します。インストールに含まれる既存のファイルを置き換えて、ウィザードを再実行する必要があります。

問題 1 : GTP の 3G SDI、6G SDI、HD SDI、VBY1 プロトコル テンプレートで、カンマ アライメント ブロックに不正な設定が選択される
ソリューション : \Xilinx\Vivado\2013.1\data\ip\xilinx\gtwizard_v2_5\xgui ディレクトリの gtwizard_family.tcl ファイルを置き換えてください。
問題 2 : 2012.4 Vivado で生成された GT ウィザード 2.4 を最新版にアップグレードできない
詳細 :

GT ウィザード コアを Vivado 2013.1 に含まれる v2.5 にアップグレードしようとすると、次の警告およびエラー メッセージが表示され、アップグレードできません。

"ERROR: [Coretcl 2-1043] upgrade_ip failed for 'Gtwizard_v2_389539' : invalid command name "default""
"ERROR: [Common 17-69] Command failed: invalid command name "default""

ソリューション : ソフトウェア パッチと GT ウィザード パッチが必要です。(ザイリンクス アンサー 55723) および (ザイリンクス アンサー 55726) の手順に従ってください。
問題 3 : CPRI および RXAUI プロトコル テンプレートで不正なバッファー バイパス モードが選択される
詳細 : sim パラメーター gt0_val_tx_buffer_bypass_mode が Auto に設定されていますが、最近のバッファー パイパス アップデートでこのオプションがディスエーブルになりました。sim パラメーター gt0_val_tx_buffer_bypass_mode を Manual に変更してください。
ソリューション : \Xilinx\Vivado\2013.1\data\ip\xilinx\gtwizard_v2_5\data\family2 ディレクトリの Cpri.pf および rxaui-Dune_Networks.pf を置き換えてください。

GTX トランシーバー

次に、GTX トランシーバーの生成に関する問題および Tcl スクリプトを示します。インストールに含まれる既存のファイルを置き換えて、ウィザードを再実行する必要があります。

問題 1 : GTX の 3G SDI、6G SDI、HD SDI プロトコル テンプレートで、カンマ アライメント ブロックに不正な設定が選択される
ソリューション : \Xilinx\Vivado\2013.1\data\ip\xilinx\gtwizard_v2_5\xgui ディレクトリの gtwizard_family.tcl ファイルを置き換えてください。
問題 2 : [Advanced Clocking Option] をオンにした場合に、ラッパーを含め生成されたウィザード ファイルが変更されない
詳細 : 『LogiCORE IP 7 Series FPGAs Transceivers Wizard v2.5 ユーザー ガイド』 (UG769) には、[Advanced Clocking Option] は可能な基準クロック ポートすべてを生成ラッパーに含める場合にオンにし、ダイナミック クロック スイッチングに使用されると記述されていますが、このオプションをオンにしてコアを生成しても、ラッパー ファイルにこれらのクロック ポートが含まれません。
ソリューション : \Xilinx\Vivado\2013.1\data\ip\xilinx\gtwizard_v2_5\xgui ディレクトリの gtwizard_family.tcl ファイルを置き換えてください。
問題 3 : 2012.4 Vivado で生成された GT ウィザード 2.4 を最新版にアップグレードできない
詳細 :

GT ウィザード コアを Vivado 2013.1 に含まれる v2.5 にアップグレードしようとすると、次の警告およびエラー メッセージが表示され、アップグレードできません。

"ERROR: [Coretcl 2-1043] upgrade_ip failed for 'Gtwizard_v2_389539' : invalid command name "default""
"ERROR: [Common 17-69] Command failed: invalid command name "default""

ソリューション : ソフトウェア パッチと GT ウィザード パッチが必要です。(ザイリンクス アンサー 55723) and (ザイリンクス アンサー 55726) の手順に従ってください。
問題 4 : [aurora 8b10b single lane 4byte] プロトコル テンプレートで不正な内部データ幅が使用される
ソリューション : \Xilinx\Vivado\2013.1\data\ip\xilinx\gtwizard_v2_5\data\family0 ディレクトリのaurora_8b10b_single_lane_4byte.pf を置き換えてください。

GTH トランシーバー

次に、GTH トランシーバーの生成に関する問題および Tcl スクリプトを示します。インストールに含まれる既存のファイルを置き換えて、ウィザードを再実行する必要があります。

問題 1 : 2012.4 Vivado で生成された GT ウィザード 2.4 を最新版にアップグレードできない
詳細 :

GT ウィザード コアを Vivado 2013.1 に含まれる v2.5 にアップグレードしようとすると、次の警告およびエラー メッセージが表示され、アップグレードできません。

"ERROR: [Coretcl 2-1043] upgrade_ip failed for 'Gtwizard_v2_389539' : invalid command name "default""
"ERROR: [Common 17-69] Command failed: invalid command name "default""

ソリューション : ソフトウェア パッチと GT ウィザード パッチが必要です。(ザイリンクス アンサー 55723) および (ザイリンクス アンサー 55726) の手順に従ってください。
問題 2 : [Advanced Clocking Option] をオンにした場合に、ラッパーを含め生成されたウィザード ファイルが変更されない
詳細: 『LogiCORE IP 7 Series FPGAs Transceivers Wizard v2.5 ユーザー ガイド』 (UG769) には、[Advanced Clocking Option] は可能な基準クロック ポートすべてを生成ラッパーに含める場合にオンにし、ダイナミック クロック スイッチングに使用されると記述されていますが、このオプションをオンにしてコアを生成しても、ラッパー ファイルにこれらのクロック ポートが含まれません。
ソリューション : \Xilinx\Vivado\2013.1\data\ip\xilinx\gtwizard_v2_5\xgui ディレクトリの gtwizard_family.tcl ファイルを置き換えてください。

GTZ トランシーバー

次に、GTZ トランシーバーの生成に関する問題および Tcl スクリプトを示します。インストールに含まれる既存のファイルを置き換えて、ウィザードを再実行する必要があります。

問題 1 : GTZ ウィザード v2.4 で TXFIFOSTATUS および RXFIFOSTATUS ポートを選択しても、生成されたラッパーに含まれない
ソリューション : \Xilinx\Vivado\2013.1\data\ip\xilinx\gtwizard_v2_5\xgui ディレクトリの gtwizard_family.tcl ファイルを置き換えてください。
問題 2 : 2012.4 Vivado で生成された GT ウィザード 2.4 を最新版にアップグレードできない
詳細 :

GT ウィザード コアを Vivado 2013.1 に含まれる v2.5 にアップグレードしようとすると、次の警告およびエラー メッセージが表示され、アップグレードできません。

"ERROR: [Coretcl 2-1043] upgrade_ip failed for 'Gtwizard_v2_389539' : invalid command name "default""
"ERROR: [Common 17-69] Command failed: invalid command name "default""

ソリューション : ソフトウェア パッチと GT ウィザード パッチが必要です。(ザイリンクス アンサー 55723) および (ザイリンクス アンサー 55726) の手順に従ってください。

 

改訂履歴
2013/05/13 - 初版

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
ar55791_GTwizard_v2_5_preliminary_rev1.zip 66 KB ZIP

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

関連アンサー レコード

AR# 55791
日付 05/20/2013
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
ツール
IP
このページをブックマークに追加