UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 57056

Vivado 制約 - 「Warning:[Vivado 12-627] No clocks matched 'xxxx'」という警告メッセージが表示される

説明

Vivado Design Suite で次のような警告メッセージが表示されます。

 [Vivado 12-627] No clocks matched 'clk'. [<constraint_file_name>.xdc:1]
 [Vivado 12-626] No clocks found. Please use 'create_clock' or 'create_generated_clock' command to create clocks. [<constraint_file_name>.xdc:1]

こうした警告を引き起こしている制約の例をあげます。

set_input_delay -clock [get_clocks clk] -max 4.0 [get_ports da_in]

上記の 2 つの警告メッセージに加え、set_input_delay 制約に関してクリティカル警告メッセージも表示されます。

 [Vivado 12-1387] No valid object(s) found for set_input_delay constraint with option '-clock [get_clocks clk]'. [<constraint_file_name>.xdc:1]

ソリューション

これらのメッセージは、この制約が処理されたときに、get_clocks コマンドで検索されたクロック オブジェクトが検出されなかったことを示しています。 

ほかの制約やコマンドで参照される前に、クロック オブジェクトを、create_clock または create_generated_clock で定義する必要があります。

この問題の原因には次のものが考えられます。

 

1. クロック オブジェクトがデザインにない。 

クロックが定義されているかどうかを確認するには、合成されたデザインまたはインプリメントされたデザインで、report_clocks を実行します。

report_clocks を実行してもクロックがリストされない場合 :

  • クロックを定義するため、create_clock または create_generated_clock を追加します。
  • create_clock または create_generated_clock がすでにある場合は、構文または使用エラーによって制約が無視されていないか、または別の制約で上書きされていないか、警告またはクリティカル警告メッセージをチェックします。
    この問題の例が、(ザイリンクス アンサー 53805) に記載されています。
2. 合成されたデザインまたはインプリメントされたデザインにクロック オブジェクトはあるが、この制約が処理された後に定義されている。

  • report_clocks を実行してこのクロック オブジェクトが返され、また、合成されたデザインまたはインプリメントされたデザインの Tcl コンソールで制約が問題なく実行できる場合は、制約処理順序に問題があります。
    create_clock または create_generated_clock 制約が、問題の制約の前に処理されるようにしてください。
    制約ファイルの処理順序をチェックするには、report_compile_order -constraints コマンドを使用します。
    順序を変更する場合は、制約ファイルの PROCESSING_ORDER 制約を設定します。
PROCESSING_ORDER の詳細は、『Vivado Design Suite ユーザー ガイド : 制約の使用』 (UG903) を参照してください。

http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals_j/xilinx2014_4/ug903-vivado-using-constraints.pdf

report_clocks または report_compile_order の詳細については、『Vivado Design Suite Tcl コマンド リファレンス ガイド』 (UG835) を参照してください。

http://www.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals_j/xilinx2014_4/ug835-vivado-tcl-commands.pdf

AR# 57056
日付 05/11/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加