UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 57061

2013.2 Vivado - Aurora 8B10B の OOC XDC は小文字を使用し、コアには大文字が存在するため DCP 使用時にクリティカル警告が表示される

説明

IP Aurora 8B10B 向けに合成済み DCP を生成し (ターゲット言語は Verilog)、この DCP を IP の再利用を目的としてほかのプロジェクトに追加しましたが、次のようなクリティカル警告がインプリメンテーションで発生します。

[Vivado 12-1387] No valid object(s) found for set_max_delay constraint with option 'from'. ["C:/example_project/aurora_8b10b_0_example/aurora_8b10b_0_example.srcs/sources_1/ip/aurora_8b10b_0_0/aurora_8b10b_0_clocks.xdc":57]
[Vivado 12-1387] No valid object(s) found for set_max_delay constraint with option 'from'. ["C:/example_project/aurora_8b10b_0_example/aurora_8b10b_0_example.srcs/sources_1/ip/aurora_8b10b_0_0/aurora_8b10b_0_clocks.xdc":63]
[Vivado 12-1387] No valid object(s) found for set_max_delay constraint with option 'from'. ["C:/example_project/aurora_8b10b_0_example/aurora_8b10b_0_example.srcs/sources_1/ip/aurora_8b10b_0_0/aurora_8b10b_0_clocks.xdc":66]

対応する XDC 制約は次のようになります。

set_max_delay -from [get_clocks -of_objects [get_ports USER_CLK]] -to [get_clocks -of_objects [get_ports INIT_CLK_IN]] -datapath_only 5.000
set_max_delay -from [get_clocks -of_objects [get_ports INIT_CLK_IN]] -to [get_clocks -of_objects [get_ports DRPCLK_IN]] -datapath_only 20.000
set_max_delay -from [get_clocks -of_objects [get_ports USER_CLK]] -to [get_clocks -of_objects [get_ports DRPCLK_IN]] -datapath_only 20.000

ソリューション

IP コア向けに合成済みの DCP を生成すると、OOC XDC が適用されます。OOC XDC 内の create_clock コマンドは小文字のポート名に付きます。

## USER_CLK constraint
create_clock -name user_clk_i -period 12.8 [get_ports user_clk]
## 50 MHz INIT_CLK constraint
create_clock -name init_clk_i -period 20.000 [get_ports init_clk_in]
# 50 MHz DRP Clock Constraint
create_clock -name drp_clk_i -period 20.000 [get_ports drpclk_in]

IP コアは、これらに大文字を使用しています (aurora_8b10b_0_core.v 内を確認)。

OOC XDC はコア インストールを適用範囲としているため、クロックの作成にエラーが発生し、クリティカル警告が表示されます。このような不一致に対して、変更リクエストが提出されています。

回避策として次の 2 つがあります。

  • OOC XDC を手動で大文字に修正し、IP OOC モジュール用に DCP を再生成します。
  • Aurora のポートにおけるクロックがユーザー定義の XDC で作成されるようにします。
AR# 57061
日付 10/29/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
IP
このページをブックマークに追加