UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 57853

Vivado - インクリメンタル コンパイル フローの使用方法

説明

インクリメンタル コンパイル フローはどのように使用しますか。

ソリューション

インクリメンタル コンパイル フローは Vivado Design Suite 2013.1 以来サポートされており、プロジェクト モードと非プロジェクト モードの両方で使用できます。

プロジェクト モード :

1) [Design Runs] ビューで新しいインプリメンテーション実行を右クリックし、ポップアップ メニューで [Set Incremental Compile] を選択します。

2) インクリメンタル コンパイル チェックポイントとしてリファレンス DCP ファイルを参照し、[OK] をクリックします。

3) インプリメンテーションの実行を続行します。

非プロジェクト モード :

1) opt_design の実行後に次のコマンドを実行します。

%read_checkpoint -incremental reference_routed.dcp

2) インプリメンテーションの実行を続行します。

詳細は、『Vivado Design Suite ユーザー ガイド: インプリメンテーション』 (UG904) の第 2 章の最後にあるインクリメンタル コンパイルのセクションを参照してください。

https://japan.xilinx.com/cgi-bin/docs/rdoc?v=latest;d=ug904-vivado-implementation.pdf

AR# 57853
日付 06/21/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加