AR# 58071

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express v2.2 - 完了バッファー オーバーフロー中に致命的エラーが表示されない

説明

問題の発生したバージョン : v2.2
修正バージョンおよびその他の既知の問題 : (ザイリンクス アンサー 54645) を参照

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express v2.2 コアが COMPLETION_SPACE = 8KB を使用するように設定されていると、完了バッファー オーバーフローに対し致命的エラーが出力されません。

ソリューション

この問題は既知の問題であり、今後のコアのリリースで修正される予定です。

通常の操作では、完了バッファー オーバーフローになるような読み出しリクエストをユーザー ロジックが出力するべきではあありません

(PG023 の付録 B に受信された完了に対する受信バッファー スペースの管理についてのセクションがあります)。 

このエラーは別のエラーとなって現れます。たとえば、要求者完了記述子のコード 0110 (完了が未処理リクエストのタグと一致しなかったことを示すタグ) が表示されます。

この問題を回避するには、 16KB の完了スペースを使用するようにしてください。

しかし、保留中の読み出しリクエストが完了バッファー オーバーフローにならないように確認し、また要求者完了記述子のコードが 0110 になっていないか注意を払う必要があります。

COMPLETION_SPACE = 8KB を使用するように設定されている場合完了バッファー オーバーフローに対する致命的なエラーは表示されませんが、バッファー オーバーフローのチェックはオプションであるため、仕様には準拠しています。 

しかしこれではデバッグするのが難しくなる可能性があります。

現在のデフォルト設定は 8KB です。次のリリースではこのデフォルト設定が 16KB になります。致命的エラーを表示させるのが必要な場合は 16KB に設定を変更する必要があります。この場合、8KB と比較してさらに4 つのブロック RAM を使用することになります。

注記: 「問題の発生したバージョン」は、問題が最初に発見されたバージョンを示します。問題はそれ以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、古いバージョンではそれを検証するテストは行われていません。

改訂履歴
2013/10/23 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54645 Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express - Vivado 2013.1 以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 58071
日付 05/27/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP