AR# 59146

2013.4 Vivado 消費電力 - 組み合わせトグル レートが report_power 結果と .xpe ファイルで異なっている

説明

Vivado の report_power により生成される .xpe ファイルには次の内容が含まれます。

<LOGIC clock="" clockFreq="101.152442" toggleRate="99.912975" name="Combinatorial" hierName="top" writeRate="0.000000" enableRate="0.000000" fanout="8.235109" numNets="161756" extNets="20029" BUFG="1" carry4s="4" luts="160931" logicCap="39621987738" signalCap="5903011.000000" power="2.003600">

Vivado の report_power でレポートされているトグル レートは49 ~ 50% です。 

クロック周波数は、report_power と .xpe ファイルで同じになるはずです。

この理由を教えてください。

ソリューション

これは正しい動作です。

XPE ではクロックおよびトグル レートから信号レートが計算されるので、非同期ロジックの clockFreq および toggleRate タグは .xpe ファイルで操作しないと、信号レートが report_power および XPE で一致しません。

これは、ブロック RAM および DSP などのほかのエリアでも同じです。
AR# 59146
日付 12/17/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール