UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 59184

7 Series FPGAs GTX/GTH Transceivers Wizard v3.1 - EXAMPLE_SIMULATION が gtwizard_0_tx_startup_fsm.v に渡されない

説明

このアンサーでは、EXAMPLE_SIMULATION パラメーターおよび 7 Series FPGA Transceivers Wizard v3.1 でこのパラメーターを有効にするために必要な変更点について説明します。

ソリューション

EXAMPLE_SIMULATION は、シミュレーションにて GTH/GTP RX の DRP ベースのリセット シーケンスを回避して TX および RX 側でのシミュレーションを加速するために Vivado 2013.4 で導入された新しいパラメーターです。これは、シミュレーションの UNISIM モデルの要件を回避するためのものです。GTH の場合は (ザイリンクス アンサー 53779)、GTP の場合は (ザイリンクス アンサー 53561) を参照してください。実際のハードウェアにデザインをインプリメントする際にはリセット ロジックを使用する必要があるため、これはシミュレーション目的の場合にのみ「1」に設定するようにしてください。

ただし、このパラメーター値は TX リセット ステート マシンに正しく渡されませんので、回避策として次の変更を実施してください。この問題は Vivado Design Suite 2014.1 でリリースされる次のバージョンで修正される予定です。

  1. <component_name>_init.v/vhd ファイルを開きます。
  2. VHDL の場合は、tx_startup_fsm コンポーネントの宣言時にパラメーターを追加します。
    構文 :
    EXAMPLE_SIMULATION             : integer   := 0;
  3. tx_startup_fsm モジュール インスタンシエーションでパラメーター EXAMPLE_SIMULATION を上書きします。
    構文 :
    Verilog の場合 :  .EXAMPLE_SIMULATION  (EXAMPLE_SIMULATION)
    VHDL の場合 : EXAMPLE_SIMULATION => EXAMPLE_SIMULATION
  4. シミュレーション用に EXAMPLE_SIMULATION が 1 に設定されていることを確認します。
AR# 59184
日付 02/05/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP
このページをブックマークに追加