UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 60510

ライセンス - Vivado License Manager (VLM) に使用するマシンの HostID が「000000000000」と表示される

説明

一部のマシンでイーサネット アドレス (Flex ライセンスの HostID で使用しているもの) が「000000000000」だとレポートされます。

  • Vivado License Manager (VLM) では使用するマシンの HostID が「000000000000」と表示されます。
  • lmutils でホスト ID 「000000000000」が返されます。

[<User>@<address> ~]$ lmutil lmhostid
lmutil - Copyright (c) 1989-2013 Acresso Software Inc. All Rights Reserved.
The FLEXnet host ID of this machine is "000000000000"

間違ったイーサネット アドレスがレポートされているため、次の問題が発生します。

  • Vivado 2014.1 以前のツールで利用可能なフローティング ライセンス ユーティリティ (lmgrd、lmutil、xilinxd など) が、使用するマシンで起動しません (HostID が一致しない)。
  • ノードロックのライセンスを使用している場合、Vivado の Flex ライセンス API で HostID が検証されず、ライセンスが許可されません。
  • ユーザーには、ライセンスに必要な HostID を正しく選択するために必要なローカル マシンの値がわかりません。

ソリューション

この問題が発生する原因は、マシンのイーサネット ポート名に FlexLM ツールで認識されないフォーマットが使用されているためです。

新しい Linux マシンの多くで使用されている一般的なポート名は、従来の eth0、eth1、eth2 などのポート名ではなく、em0、em1、em2 などです。

Vivado 2014.1 では Flex ライセンス バージョン 11.11 が使用されます。emX フォーマットのポート名の読み出しには Flex バージョン 11.11.1 が必要です。 

フローティング ライセンスを使用できるようにライセンスをアップグレードしても、Vivado で使用される内部 FlexLM API および Vivado License Manager (VLM) はアップグレードされません。

Vivado 2017.2 リリースまでの VLM では、マシンの HostID が "000000000000" としてレポートされます。

 

フローティング ライセンス用に emX フォーマットのイーサネット ポートを使用できるようにマシンを設定するには、v11.11.1 またはそれ以降のライセンス ユーティリティを入手する必要があります。 

ライセンス ユーティリティ (xilinxd および lmgrd を含む) の最新バージョンをダウンロードするには、https://japan.xilinx.com/support/download.html をクリックし、[License Management Tools] の下にあるアーカイブをダウンロードします。


または、ノードロック ライセンスを使用しているサーバーとマシンの両方でうまくいくソリューションとしては、ポート名を変更するという手段があります。

次の例では、イーサネット アダプターの名前が eth0 に変更されます。

cd /etc/default
sudo vi grub

これを GRUB_CMDLINE_LINUX の最後に追加します。

net.ifnames=0 biosdevname=0

<esc>:wq
grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

注記: Ubuntu 16.04 を使用している場合は、上記の手順に加え、次の手順に従い「sudo reboo」を実行できます。

これで自動的にポートを eth0、eth1、へと変更できます。

cd /etc/sysconfig/network-scripts
sudo mv ifcfg-enp0s3 ifcfg-eth0
sudo vi ifcfg-eth0

変更前:

NAME="enp0s3"

次のように変更します。

NAME="eth0"

<esc>:wq
reboot

上記のサンプルは、特定の Linux OS 向けで、ユーザー特定の Linux に基づいているため、手順が異なる場合があることを念頭に置いてください。

このため、特定の Linux OS でイーサネット アダプターの名前を eth0 に変更する方法をウェブで検索してください。

AR# 60510
日付 09/26/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • Vivado Design Suite
  • Vivado Design Suite - 2014.1
このページをブックマークに追加