AR# 61117

PetaLinux - システムのデバイスツリー DTS にイーサネット PHY 情報が含まれていない

説明

PetaLinux で作成されるデバイス ツリー DTS および DTSI ファイルには PHY または MDIO 情報が含まれていません。

これは予期される動作ですか。

ソリューション

はい、これは予期される動作です。  

イーサネット PHY の情報はユーザー入力なしではPetaLinux がアクセスがないボード レベルおよびボード特有の情報です。  

この情報は system-top.dts ファイルに含まれているはずで、プラットフォームに関連した情報が含まれているはずです。 
 

次に、Zynq PS7 MIO ピンを介して配線されているシングル イーサネット デバイス 1 個の system-top.dts ファイルの例を示します。

/dts-v1/;
/include/ "system-conf.dtsi"
/ {
};

&gem0 {
  local-mac-address = [00 0a 35 00 c0 12];
  phy-handle = <&phy0>;
  phy-mode = "rgmii-id";
  
  mdio {
   #address-cells = <1>;
   #size-cells = <0>;
   phy0: phy@0 {
    compatible = "marvell,88e1116r";
    device_type = "ethernet-phy";
    reg = <0>;
   } ;
  } ; 
};
次に、GEM0 が MIO を、GEM 1 が GMII2RGMII conversion IP の EMIO を介して配線されているデュアル イーサネット コンフィギュレーションの system-top.dts ファイルの例を示します。
 
/dts-v1/;
/include/ "system-conf.dtsi"
/ {
 aliases {
  ethernet1 = &gem1;
 };
};
 
&gem0 {
  local-mac-address = [00 0a 35 00 c0 12];
  phy-handle = <&phy0>;
  phy-mode = "rgmii-id";
  
  mdio {
   #address-cells = <1>;
   #size-cells = <0>;
   phy0: phy@0 {
    compatible = "marvell,88e1116r";
    device_type = "ethernet-phy";
    reg = <0>;
   } ;
  } ; 
};
 
&gem1 {
  local-mac-address = [00 0a 35 00 c0 13];
  phy-handle = <&phy1>;
  gmii2rgmii-phy-handle = <&gmii_to_rgmii_0>;
  
  ps7_ethernet_1_mdio: mdio {
  #address-cells = <1>;
  #size-cells = <0>;
  phy1: phy@1 {
            compatible = "marvell,88e1510";
            device_type = "ethernet-phy";
            reg = <0x1>;
        };  
  gmii_to_rgmii_0: phy@8 {
   device_type = "ethernet-phy";
   reg = <8>;
  };
 };  
};

注記 : デバイス ツリー ノード名、MDIO アドレス、互換文字列がシステムおよびハードウェアで使用されている命名規則に従っていることを確認してください。

AR# 61117
日付 03/24/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール