UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 61805

MIG 7 Series - メモリの動作周波数が 200MHz のとき、位相検出で LPDDR2 キャリブレーション エラーが発生する

説明

問題の発生したバージョン : MIG 7 Series v2.1
修正バージョン : (ザイリンクス アンサー 54025) を参照


MIG 7 Series LPDDR2 デザインが 200MHz で実行されていると、キャリブレーションの位相検出ステージでハードウェア エラーが発生することがあります。 

メモリの基準クロックと DQS 入力ストローブが同じ周波数のとき、この 2 つの位相差があるためにこの問題が発生します。

このためエッジ検出の信頼性が問題になります。

 

ソリューション

キャリブレーションの位相検出ステージでハードウェア エラーが見られる場合は、メモリの動作周波数を 220MHz 以上にしてください。 

この問題は、今後のコアのリリースで修正される予定です。

改訂履歴

2014/09/09 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54025 MIG 7 Series - Vivado の IP リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 61805
日付 03/18/2015
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP
このページをブックマークに追加