AR# 61805

MIG 7 Series - メモリの動作周波数が 200MHz のとき、位相検出で LPDDR2 キャリブレーション エラーが発生する

説明

問題の発生したバージョン : MIG 7 Series v2.1
修正バージョン : (ザイリンクス アンサー 54025) を参照


MIG 7 Series LPDDR2 デザインが 200MHz で実行されていると、キャリブレーションの位相検出ステージでハードウェア エラーが発生することがあります。 

メモリの基準クロックと DQS 入力ストローブが同じ周波数のとき、この 2 つの位相差があるためにこの問題が発生します。

このためエッジ検出の信頼性が問題になります。

 

ソリューション

キャリブレーションの位相検出ステージでハードウェア エラーが見られる場合は、メモリの動作周波数を 220MHz 以上にしてください。 

この問題は、今後のコアのリリースで修正される予定です。

改訂履歴

2014/09/09 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54025 MIG 7 Series - Vivado の IP リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 61805
日付 03/18/2015
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP