AR# 61909

UltraScale DDR3/DDR4 - app_wdf_data フォーマットの説明

説明

問題の発生したバージョン: DDR4 v6.0、DDR3 v6.0

修正バージョン: DDR4 の場合は (Xilinx Answer 69035)、DDR3 の場合は (Xilinx Answer 69036) を参照

書き込みデータ コマンドでデータを提供する目的で app_wdf_data を使用するためのフォーマットは次のとおりです。

バースト長: 8

8 ビット デザイン:

app_wdf_data={Burst7Byte0, Burst6Byte0, Burst5Byte0, Burst4Byte0, Burst3Byte0, Burst2Byte0, Burst1Byte0, Burst0Byte0}

16 ビット デザイン:

app_wdf_data={Burst7Byte1, Burst7Byte0, Burst6Byte1, Burst6Byte0, Burst5Byte1, Burst5Byte0, Burst4Byte1, Burst4Byte0, 
                          Burst3Byte1, Burst3Byte0, Burst2Byte1, Burst2Byte0, Burst1Byte1, Burst1Byte0, Burst0Byte1, Burst0Byte0}

ソリューション

PG150 は app_wdf_data のフォーマットおよび例の詳細な説明を含めてアップデートされる予定です。

改訂履歴

2014/09/03 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69036 UltraScale/UltraScale+ DDR3 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
69035 UltraScale/UltraScale+ DDR4 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 61909
日付 12/21/2017
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
IP